TOP > REVIEW


 NEW ALBUM REVIEW 
購入した音源の感想です。購入順で新しいものを、10枚掲載しています。

[ ALBUM REVIEWについて ] 取扱説明書です(^^)

[ ALBUM★★★★REVIEW ] これまでの★★★★以上なアルバム一覧です




FATE GEAR
   / SCARS IN MY LIFE - English edition

 STEAM STEEL [ SSRF - 06 ] ( 2021.1.27 ) ■ MINI
これまでに発表されてきた楽曲から選んだ4曲(アルバム収録曲はイントロ@があるので全5曲)を英語バージョンにして現メンバーで新録した企画盤。ヴォーカルにはNANAとSophia(ex.BLOOD STAIN CHILD)の2人が参加してます。1stアルバムからの選りすぐりの曲(+2ndから1曲)で構成されているなので、さすがに出来は良く、おすすめです。正直、プロジェクトに関してのスチームメタル楽団とか飛空艇乗組員設定は無くてもいいと思うけど・・・。
オススメ度:★★★★

FATE GEAR / THE SKY PRISON
 STEAM STEEL [ SSRF - 05 ] ( 2021.1.13 )
少女と空賊の物語によるコンセプト・アルバム。期待していたんだけど、残念ながら私的には今ひとつな感じになってしましました。ミディアムテンポでヴァイオリンも参加の@で無難な船出をするも、続くAでテンションが下がります。疾走曲BCGは悪くないけど、特にアルバム後半が弱い感じです。Aを飛ばして@BCと並べれば、勢いがあってもうちょっと良かったかも。次作に期待。CではRAMI(Vo/ex.ALDIOUS)がゲストで参加。
オススメ度:★★★+

SABER TIGER / PARAGRAPH V
 Walkure Records [ WLKR - 0055 ] ( 2021.1.20 )
最近は10周年の間隔で制作されている「PARAGRAPH」シリーズ第5弾。アルバム「INDIGNATION」までの楽曲から選曲、新録されてます。「Jealousy」があるのが嬉しいな。王道B級ジャパメタ路線でクセになる名曲で大好きです。他にも、久保田陽子時代の「Motive Of The Lie」、KATSUTO時代の「Mr.Confusion」などが取り上げられ、ラストを飾る「Eternal Loop」は、“Blue”、“Red”、“Clear”を再編曲して1曲にまとめられていたりと、懐かしくも新しい内容です。
オススメ度:★★★★

DAMIAN HAMADA'S CREATURES
   / 旧約魔界聖書 第T章

  Sony Music Labels [ BVCL-1104 / 5 ] ( 2020.11.25 ) ■CD+DVD
ダミアン浜田陛下が復活!と聞いたときに本人がギターを弾くと思っていたら、作詞・作曲・プロデュースのみで演奏は無し。ちょっと寂しいけど、演奏から遠ざかっていたブランクを克服して、今後の完全復活を期待してます。という事で女性Vo+演奏は全て金属恵比寿というバンドが担当してますが、ダミアン浜田の世界観で繰り広げられる悪魔的様式美に変わりはないです。特にMVにもなっているリーダートラックAは名曲。女性Voは嫌いではないけど、男性Voで聴きたかったかも。DVDに収録されている対談が面白いので一見の価値ありです。
オススメ度:★★★★

DAMIAN HAMADA'S CREATURES
   / 旧約魔界聖書 第U章

 Sony Music Labels [ BVCL-1107 / 8 ] ( 2020.12.23 ) ■CD+DVD
比較的分かりやすい楽曲で構成された「第T章」に対して、「第U章」は7分弱の大作@で幕開けして、インスト曲Dなどもあって、よりディープなダミアン浜田ワールドが中心になってます。アルバムのラスト(カラオケは除く)となるEは、締めに相応しいヘヴィ・メタリックなリフが強力なナンバー。「第T章」と合わせて聴かないと全体像がつかめないので、ぜひ両方とも聴きましょう。そのうち、カラオケ無しで1枚にして、ライヴDVDが付いた「完全版」が出たりして・・・。
オススメ度:★★★+

AYA PROJECT / HEILIGER GEIST
 Aphrodite Symphonics [ JPRS - 031 ] ( 2020.12.30 )
女性キーボーディストAyaの1stソロ・アルバムです。当初は購入する予定ではなかったのですが、ゲストVo:千田忠彦となっていたので思わずお買い上げ。サウンド・プロデューサーが岡垣正志、さらにギターは鈴木広美なので、ジルズ・プロジェクトや岡垣正志&フレンズなどに近い雰囲気もあります。ギターとの掛け合いあり、ゲーム音楽風あり、様式美あり、そして、千田忠彦の暑い・・・いや、熱いVo曲ありと、盛りだくさんな内容です。
オススメ度:★★★+

CONCERTO MOON / RAIN FIRE
 Walkure Records [ WLKR - 0051/52 ] ( 2020.12.9 ) ■ 2 CD
現ラインナップになって初のオリジナル・アルバム。最近のパワー重視の路線ではなく、新Voのハイトーンを活かした初期の頃に近いメロディアスな曲が多いので、最近のCONCERTO MOONを敬遠していた私のような人には嬉しいかも。ただ、Voの歌い方に幅が少ないのでミドル〜スローな曲が退屈に感じてしまいます。全体的には@BEIといった勢いのある曲が良かったです。@のイントロは「Kill The King」ライヴ・バージョンで、ラストIのイントロは「Spotlight Kid」ですよね?

オススメ度:★★★+

AXBITES / NOW IS THE TIME

 UNIVERSL MUSIC LLC [ MPNK - 27003 ] ( 2020.12.9 ) ■ MINI
AXBITES復活。今となっては頻繁にツアーで回ってきてくれたあの頃が貴重な気がします。収録されているのは、これまでにライヴやデモで発表されていた曲ですが、こうして正式な音源としてレコーディングされるのは嬉しいです。グロウルな雄叫びで幕を開けるヘヴィな@、YAMA-Bの歌唱が映えるミディアム・テンポなA、スローなB、王道のAXBITESナンバーCの全4曲。
オススメ度:★★★★

HAGANE / LABRADORITE
 HAGANE [ HGCD - 0002 ] ( 2020.12.8 ) ■ SINGLE
前作のミニアルバムと比べると、キャッチーになって聴きやすくなった感じがします。タイトル曲@「ラブラドライト」は鉱石の名前で、ジャケット・イラストに関連したストーリーになっているようです。サビからソロにかけて速くなる曲で、途中でテンポが何度か変わる感じの曲です。Aはストレートにハードな曲で私はこっちの方が好きです。Gソロがもう少し長いといいな。

オススメ度:★★★+

CRAN ARCANARIA / 魂ノ華
 ARCANARIA RECORDS [ ARCN - 0003 ] ( 2020. 11.25 )
女性Vo、クランによるプロジェクトの2曲収録のシングル。外部ライター(それなりに知名度のある人みたいです・・・)による@が打ち込み色が強い感じで、少し期待外れでしたが、ギターソロはいい感じ。Aはドコドコ疾走するメタル曲でこちらはまずまず。これまでの音源と比べると、私の好みからはちょっと離れたかも。アニメ系イラストのジャケットは@の曲の雰囲気には合ってるかな?
オススメ度:★★★



   ALBUM REVIEW 注意事項いろいろ 

は、購入当時の第一印象で付けてます。
このレビューはあくまでも私個人の感想ですので、苦情は一切お断りします。
「参考にして買ったけど、良くなかった!」などいうのはナシでお願いします(笑)
レビュー当時と現在とでは感想が違っている場合が往々にしてあります。
敬称は基本的に略してます。すみません。

<概ねこんな感じ>
・・・私には難解なアルバムです。
★★・・・「もうちょっと頑張って欲しいなぁ。」若しくは、「ちょっと趣味が違うなぁ。」
★★★・・・買っても後悔はしない。(財布の中を見て、反省はするかも?)
★★★★・・・気に入ったアルバム
★★★★★・・・最高。VOW WOWが再結成アルバムを作ったら、これにします!









▲REVIEW TOP