TOPSPECIAL EDITION > 2. Magazine / Book


2  Magazine / Book  ジャパニーズメタル関連の雑誌表紙ギャラリー



まだインターネットなどという便利な情報源が無かったあの頃、
毎月、本屋で立ち読み・・・ではなく、買っていた(←怪しい/笑)雑誌たち。
リアルタイムで読めなかったバックナンバーを古本屋で見つけたりすると、思わず買ってしまいします。


INDEX


[ Rockin' f ] [ Rockin' f (2002〜) ] [ Rockin' f 特別編集 / 別冊 ] [ WeROCK ]

[ BURRN ! JAPAN ] [ BURRN ! ]
[ METALLION ] [ PERPETUAL ]

[ Noir ]
[ その他 ]








[ Rockin' f : ロッキン f ] ロックするヤングのためのスーパーMAG!* 立東社

創刊(1976年7月号)から25年の長きに渡り、日本のロックシーンを洋楽、邦楽の両方から支えてきた雑誌。
80年代にはジャパメタ、そして90年代にはヴィジュアル系と、雑誌の中身が変化する中で、出版社の倒産により、2001年8月号を最後に一度その歴史に幕を閉じてしまいました。
その後、2002年8月号から出版社を変更し季刊にて復活、「WeROCK」に誌名変更され、現在も続いてます。

※ 号数の横の★印は、シートレコードが付録となっていた月号です。
   詳細 >>> [ シートレコード一覧 ]

1983
1983年3月号
LOUDNESS
1983年8月号
忌野清志郎
仲井戸麗市
1983年12月号
NIGHT RANGER
1984
1984年1月号
Mick Jagger
1984年2月号
Eddie Van Halen
(VAN HALEN)
1984年3月号
Gary Moore
1984年4月号
Michael Schenker
1984年5月号
LOUDNESS
1984年6月号
ZELDA
1984年7月号
浜田麻里
1984年8月号
Rob Halford
(JUDAS PRIEST)
1984年9月号
樋口宗孝
( LOUDNESS )
1984年10月号
John Sykes
(WHITESNAKE)
Jimmy (44 MAGNUM)
1984年11月号
戸川 純
1984年12月号
W.A.S.P.
1985
1985年1月号
浜田麻里
1985年2月号
Jimmy Page
1985年3月号
Dave Lee Roth
1985年4月号
ニ井原 実
( LOUDNESS )
1985年5月号 ★
MOTLEY CRUE &
Paul (44MAGNUM)
1985年6月号
Jon Bon Jovi &
Marcy (EARTHSHAKER)
1985年7月号
山本恭司
( VOW WOW )
1985年8月号
MOTLEY CRUE
1985年9月号
RATT
1985年10月号
Gary Moore
1985年11月号
浜田麻里
1985年12月号
Shara & Marcy
( EARTHSHAKER )
1986
1986年1月号
Jimmy & Ban
( 44MAGNUM)
1986年2月号
NIGHT RANGER
1986年3月号
Eddie Van Halen &
バルチネリ
1986年4月号
Joe
( 44MAGNUM )
1986年5月号
Ozzy Osbourne
1986年6月号
VOW WOW
1986年7月号
デーモン小暮
( 聖飢魔 II )
1986年8月号
浜田麻里
1986年9月号
Dave Lee Roth
1986年10月号
LOUDNESS
1986年11月号
JUDAS PRIEST
1986年12月号 ★
REACTION
1987
1987年1月号
STREET SLIDERS
1987年2月号
VOW WOW
1987年3月号
ANTHEM
1987年4月号
忌野清志郎
1987年5月号 ★
E.Z.O
1987年6月号 ★
Junya
( REACTION )
1987年7月号 ★
RED WARRIORS
1987年8月号
Ozzy Osbourne
1987年9月号
LOUDNESS
1987年10月号
Morrie
( DEAD END )
1987年11月号
PRESENCE
1987年12月号
Michael Schenker
1988
1988年1月号
Jimmy
( 44 MAGNUM )
1988年2月号
浜田麻里
1988年3月号
山下昌良
( LOUDNESS )
1988年4月号
Dave Lee Roth
1988年5月号 ★
RED WARRIORS
1988年6月号 ★
ZIGGY
1988年7月号 ★
浜田麻里
1988年8月号
BAKI
( GASTUNK )
1988年9月号
Cool Joe ( DEAD END )
戸城憲夫 ( ZIGGY )
1988年10月号
ANTHEM
1988年11月号
土屋公平
( STREET SLIDERS)
1988年12月号
Junya & Yuki
( REACTION )
1989
1989年1月号
Philip Louis (L.A.GUNS)
& 森重樹一 (ZIGGY)
1989年2月号
村越弘明
(STREET SLIDERS)
1989年3月号
浜田麻里
LOUDNESS 他
1989年4月号
ZIGGY
1989年5月号
X
1989年6月号
浜田麻里
1989年7月号
高橋不二人(DEVILS) &
大矢郁史(SHADY DOLLS)
1989年8月号
X , DEAD END
ZIGGY 他
1989年9月号
LOUDNESS
( Feat. Mike Vescera )
1989年10月号
DEAD END
1989年11月号
Michael Monroe
1989年12月号
中山加奈子
(PRINCESS PRINCESS)
1990
1990年1月号
ダイナマイト・トミー
( COLOR )
1990年2月号
PATA, HIDE, TAIJI
( X )
1990年3月号
筋肉少女帯
1990年4月号
D'ERLANGER
1990年5月号
ZIGGY
1990年6月号 ★
かまいたち
1990年7月号
YOSHIKI & TOSHI
( X )
1990年8月号 ★
YOSHIKI ( X )、
1990年9月号 ★
JIMMY (TOPAZ) &
CIPHER (D'ERLANGER)
1990年10月号 ★
浜田麻里
1990年11月号 ★
五十嵐美貴 & 寺田恵子
( SHOW-YA )
1990年12月号 ★
MARCHOSIAS VAMP
1991
1991年1月号 ★
Nixx & Tatsu
(JACKS'N'JOKER)
1991年2月号 ★
GRAND SLAM
1991年3月号 ★
BUCK-TICK
1991月4月号 ★
LADIES ROOM
1991月5月号 ★
ZI÷KILL
1991年6月号 ★
高崎 晃 & 樋口宗孝
( LOUDNESS )
1991月7月号
かまいたち
1991月8月号
YOSHIKI
( X )
1991月9月号
GRAND SLAM
1991月10月号
JACKS'N'JOKER
1991月11月号
仲井戸麗市 &
土屋公平 (麗蘭)
1991月12月号
浜田麻里
1992
1992月1月号
EXTASY SUMMIT
1992月2月号
LADIES ROOM
1992年3月号
DIE IN CRIES
1992月4月号
GARGOYLE
1992月5月号
ANTHEM
1992年6月号
LUNA SEA
1992年7月号
ZIGGY
1992年8月号
LOUDNESS
1992年9月号
AION
1992年10月号
KYO
1992年11月号
ZI÷KILL
1992年12月号
CASINO DRIVE
1993 〜 1999
1993年1月号
TOSHI
( X JAPAN )
1994年12月号
LUNA SEA
1995年5月号
沢田大司
( D.T.R )
1995年7月号
PATA
( X JAPAN )
2000 〜 2001
2000年1月号
SEX MACHINEGUNS
2000年11月号 ★
YOSHIKI
(X JAPAN)
2001年5月号
再結成LOUDNESS




[ Rockin' f : ロッキン f ] HOT AND HEAVY ROCK MAGAZINE
 * 晋遊社 (Vol.1〜15) / サウンド・デザイナー (Vol.16〜28、2015年)


発行元だった立東社の倒産により休刊していた「ロッキンf」が出版社を変更し、2002年8月号から季刊として復活しました。(2004年3月号からは隔月間で発売)


2002 〜 2007
Vol. 1 (2002.8)
高崎 晃
(LOUDNESS)
Vol. 2 (2002.11)
Anchang
(SEX MACHINEGUNS)
Vol. 3 (2003.3)
EARTHSHAKER
Vol. 4 (2003.6)
LOUDNESS
Vol. 5 (2003.10)
craze
Vol. 6 (2004.1)
LOUDNESS
Vol. 7 (2004.3)
陰陽座
Vol. 8 (2004.5)
Vol. 9 (2004.7) Vol. 10 (2004.9)
ANTHEM
Vol. 11 (2004.11)
高崎 晃
(LOUDNESS)
Vol. 12 (2005.1)
Anchang
(SEX MACHINEGUNS)
Vol. 13 (2005.3)
ZIGGY
Vol. 14 (2005.5) Vol. 15 (2005.7)
黒猫
( 陰陽座 )
Vol. 16 (2005.8)
ANTHEM
Vol. 17 (2005.10
聖飢魔II
Vol. 18 (2005.12)
LOUDNESS
Vol. 19 (2006.2)
SEX MACHINEGUNS
Vol. 20 (2006.4)
デーモン小暮閣下
Vol. 21 (2006.6)
沢田泰司
(D.T.R)
Vol. 22 (2006.8)
ANTEM
Vol. 23 (2006.10)
筋肉少女帯
Vol. 24 (2006.12)
Anchang
(SEX MACHINEGUNS)
Vol. 25 (2007.2)
デーモン小暮閣下
Vol. 26 (2007.4)
筋肉少女帯
Vol. 27 (2007.6)
Zakk Wylde
Vol. 28 (2007.8)
SIAM SHADE

[ Rockin' f : ロッキン f ] * サウンド・デザイナー

「ロッキン f / Rockin' f」の名称が再び使用できるようになったことを記念?して発刊された特集号。その後、定期的にでるのかと思いきや、これ1冊のみ。年1回でいいので、その年の総まとめ的な内容で定期刊行してほしいです。


2015
2015年
LOUDNESS




[ Rockin' f 特別編集/別冊 ] * 立東社

日本のHM&インディーズ・シーンを総括する、ロッキンfの別冊シリーズ。
ジャパメタ・インディーズが詳しく網羅されていて、ファンには涙モノです。

日本のロック
SCENE '84
(1984)
EARTHSHAKER
[写真集]
ヘヴィ・メタル・オブ・ジャパン
(1984)
浜田麻里
▲メタル・インディーズ・マニア
(1986)
New Age Attack
メタル・インディーズ・マニア 2
(1987)

Morrie ( DEAD END )
STREET FIGHTING MEN
(1989)
X
LES ENFANTS TERRIBLES
ストリート・ロック・シーンの
怖るべき子供達
(1991)
LADIES ROOM
LES ENFANTS TERRIBLESU
ストリート・ロック・シーンの
怖るべき子供達 1994
(1994)
L'Arc-an-Ciel





[ WeROCK ] ハード&ヘヴィ・ロック・マガジン * 有限会社サウンド・デザイナー

諸般の事情により「ロッキン f / Rockin' f」の名称が使用できなくなり、雑誌名を変更して発行。
毎号、特別付録DVD(年1回は、オムニバスCD)が付いて、隔月間で刊行されてます。
(すみません、「WeROCK」になってからは、あまり購入してません)

2007 〜 2008
VOL.001 ( 2007.10 )
高崎 晃 &
沢田泰司
VOL.002 ( 2007.12 )
Nikki Sixx
VOL.003 ( 2008.2 )
Anchang vs
AVENGED
SEVENFOLD
VOL.004 ( 2008.4 )
44MAGNUM
VOL.005 ( 2008.6 )
hide
VOL.006 ( 2008.8 )
SYU、他
VOL.007 ( 2008.10 )
柴田直人 &
ANCHANG
VOL.008 ( 2008.12 )
hide
2009
VOL.009 ( 2009.2 )
デーモン小暮
VOL.012 ( 2009.8 )
44MAGNUM
2010
VOL.017 ( 2010.6 )
ANTHEM
VOL.018 ( 2010.8 )
聖飢魔II
VOL.020 ( 2010.12 )
J
2011 〜 2012
VOL.026 ( 2011.12 )
SUGIZO & DAITA
VOL.027 ( 2012.2 )
DEAD END
VOL.032 ( 2012.12 )
DIR EN GREY
2013 〜 2014
VOL.033 ( 2013.2 )
寺田恵子 (SHOW-YA)
& SCANDAL
VOL.038 ( 2013.12 )
SIAM SHADE
VOL.039 ( 2014.2 )
浜田麻里
2015 〜 2016
VOL.045 ( 2015.2 )
SIAM SHADE
VOL.048 ( 2015.8 )
聖飢魔II
Vol. 051 ( 2016.2 )
浜田麻里
Vol. 052 ( 2016.4 )
聖飢魔II
2017 〜 2018
Vol. 057 ( 2017.2 )
浜田麻里
Vol. 063 ( 2018.2 )
LOUDNESS
Vol. 066 ( 2018.8 )
浜田麻里
2019 〜 2020
Vol. 069 ( 2019.2 )
SYU & Fuki
Vol. 074 ( 2019.12 )
聖飢魔II
Vol. 075 ( 2020.2 )
GACHARIC SPIN
Vol. 077 ( 2020.6 )
ANTHEM
2021 〜
Vol. 081 ( 2021.2 )
LOUDNESS






[ BURRN ! JAPAN ]
ANOTHER HEAVIEST HEAVY METAL MAGAZINE * シンコーミュージック

80年代後半から90年代にかけて、BURRN ! 誌が別冊として発行したジャパメタ版「BURRN !」。
残念ながら、90年5月号のNo.6を最後に発刊されてません。

BURRN ! JAPAN ( 1987 〜 1990 )
No. 1 ( 1987.12 )
 Hiroya & Mad ( ANTHEM )
 Junya & Yasu ( REACTION )
No. 2 ( 1988.6 )
 Morrie ( DEAD END )
No. 3 ( 1988.10)
 森重樹一 ( ZIGGY )
No. 4 ( 1989.4 )
 
Yoshiki ( X )
No. 5 ( 1989.10 )
 
Jam & Joel Ellis
 ( CATS IN BOOTS )
No. 6 ( 1990.5 )
 
森川之雄 & 中間英明
 ( ANTHEM )
残念ながら、90年5月号のNo.6を最後に発刊されてません。
・・・と、思っていたら、2016年に、約26年ぶりで「Vol.7」が発刊されました。

BURRN ! JAPAN ( 2016〜 )
Vol. 7 ( 2016.12 )
 
LOUDNESS
Vol. 8 ( 2017.5 )
 
X JAPAN
Vol. 9 ( 2017.9 )
 
柴田直人
( ANTHEM )
Vol. 10 ( 2018.2 )
 
高崎 晃
( LOUDNESS )
Vol. 11 ( 2018.5 )
 
陰陽座
Vol. 12 ( 2018.10 )
 
浜田麻里
Vol. 13 ( 2019.1 )
 
SYU
( GALNERYUS )
Vol. 14 ( 2019.6 )
 
陰陽座
Vol. 15 ( 2019.9 )
 
DIR EN GREY
Vol. 15 ( 2020 )
 
---
Vol. 15 ( 2020.12 )
 
DEAD END






[ BURRN ! ]
THE WORLD'S HEAVIEST HEVY METAL MAGAZINE * シンコーミュージック

1984年10月の創刊号以来、日本人アーティストが初めて表紙となった2016年1月号。
編集部の方針、そして90年代はジャパニーズ・メタルの低迷もあって、記事自体がほぼ皆無だったことを考えると
時の流れを感じます。


2016年1月号
 
高崎 晃
(LOUDNESS)
2018年2月号
 
LOUDNESS
2019年4月号
 
ANTHEM
2019年6月号
 
B'z
2019年9月号
 
Michael Schenker
& 高崎 晃
2020年7月号
 
Graham Bonet
& 柴田直人
2021年3月号
 
聖飢魔U





[ METALLION ] BURRN ! SPECIAL ISSUE * シンコーミュージック

「BURRN ! JAPAN」とは別で、不定期に刊行される臨時増刊号。
通常は洋楽HM/HRの特集だけど、2〜3回に1回程度で日本の女性バンドを掲載。
ALDIOUS関連以外での表紙、できれば女性バンド以外を希望します。


VOL.44 (2012.12)
 
ALDIOUS
VOL.47 (2013.7)
 
ALDIOUS
VOL.51 (2014.8)
 
ALDIOUS
VOL.55 (2015.11)
 
RAGLAIA
VOL.58 (2016.11)
 
ALDIOUS
VOL.60 (2017.11)
 
ALDIOUS
VOL.65 (2018.11)
 
ALDIOUS
VOL.67 (2019.11)
 
ALDIOUS
VOL.68 (2020.5)
 
ALDIOUS
VOL.69 (2020.11)
 
ALDIOUS





[ PERPETUAL ] 永久に朽ちぬ音楽に捧ぐロック・マガジン * シンコーミュージック

BURRN ! PRESENTSによるムック本です。


Vol. 1 (2019)
 
ALDIOUS
Vol. 2 (2021.3)
 
LOVEBITES





[ Noir ( ノアール ) ]
JAPANESE HEAVY MUSIC MAGAZINE * ブラックリステッド・プロダクション

インディーズのジャパニーズメタル・バンドのCDをリリースするBlack-listedによるファンジン。
年2回発行されていましたが、残念ながら短命に終わってしましました。

vol. 0 ( 2009 )
無料配布パイロット版
 
Sugino (INSPIRE)
Lola (MINSTRELIX)
vol. 1 ( 2009.10 )
 
Michal (ANCIENT MYTH)
Michi (SINCERITY GREEN)
vol. 2 ( 2010.4 )
 
Fuki (LIGHT BRINGER)
Hiro (VRAIN)
vol. 3 ( 2010.10 )
 
NAO (6ft.down)
TWIN (SoundWitch)
vol. 4 ( 2011.5 )
 
Mina (DESTROSE)
Rie a.k.a. Suzaku
vol. 5 ( 2011.11 )
 
夢華 (ASRA)
EYE (MARY'S BLOOD)





[ その他 ]


JAPAN HEAVY METAL
ジャパンヘヴィメタル大全
不屈の魂
[ 音楽専科社 ]
(2004)
YOUNG GUITAR Archive
Vol.4
JAPANESE METAL

[ シンコーミュージック ]
(2005)
THE DIG presents
ジャパニーズ・メタル
[ シンコーミュージック ]
(2013)
THE DIG presents
ジャパニーズ・メタル II
featuring LOUDNESS
[ シンコーミュージック ]
(2014)
ヘドバン Vol. 17
"世界がうらやむ
ニッポンのメタル"
[ シンコーミュージック ]
(2017)

▲TOP